xinkawaのblog

自治会やまわりの自然のことをぽつぽつと

八千代市:公共施設等に関するシンポジウム に行ってきました。

今日は「公共施設等に関するシンポジウム」があったので行ってきました。

シンポジウム開催の経緯と目的は以下を参照ください。

f:id:xinkawa:20141013183407j:plain f:id:xinkawa:20141013183421j:plain

f:id:xinkawa:20141013183740j:plain

シンポジウムの後半のパネルディスカッションでは、パネリスト4名のうち3名が八千代市民で、その3名の方は具体的な提案もありましたが、それに対する市長の答弁が前回のブログで書いたように、要領を得ない答弁で財政危機に立ち向かう姿勢を感じ
無かったのとは非常に対照的でした。
パネリストの最後のコメントで2名の方が「遅い、もっと早く」と言っていまし
た。全く同感です。
3月に公共施設に関する提言書が出たのに、その中身が何一つ実行されていない
ことに対して、提言書を提言した有識者会議の委員長でもあり、本日のディスカッ
ションコーディネーターでもある東洋大学根本教授が最後に話されたことが、根
の深さを垣間見た気がしました。
「提言書の内容が実現されないことに忸怩たる思いがある、市民の皆さんは市や
議会に期待するばかりで無く、自分たちでできることをしてください。たとえば
今度の市議会議員選挙で反対派を落選させることなど」